糖尿病内科|かとう内科クリニック小竹向原|練馬区小竹町|肥満

小竹向原駅4番出口 徒歩1分
練馬区小竹町2-3-1 Grande Kotake 1F

糖尿病内科

糖尿病(2型)とは

イメージ

糖尿病とは、体を動かすエネルギー源であるブドウ糖を細胞がうまく取り込めなくなって、未処理の糖が血液中に溢れてしまう病気です。
健常な人なら、インスリン*がしっかり働き、血中のブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギー源にしたり、また脂肪やグリコーゲンという物質に変えて筋肉や肝臓に蓄えたりします。このインスリン分泌が足りなくなったり、足りていてもうまく細胞に作用しなくなったりした状態が糖尿病です。重くなると、血糖コントロールが難しくなってきますし合併症も招きやすくなりますので、早期に発見し、治療を始めることが大切です。

*インスリンとは
血液中の糖を組織に取り込ませ、血糖値を下げる働きをしているホルモンの一種です。

糖尿病(2型)の検査

糖尿病の診断にあたっては、血液検査や経口糖負荷試験などによる慢性的な高血糖の確認、および症状、臨床所見、家族歴、体重歴などを参考にして、総合的に判断します。
また、糖尿病は初期のうちは自覚症状がほとんどありませんので、患者様の病状を把握するためには血糖やHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)*の値を定期的に検査していく必要があります。

*HbA1cとは
血糖値が高くなると、ブドウ糖が赤血球中のヘモグロビン(Hb)と結合します。これがHbA1cと呼ばれるもので、血糖値が高ければ高いほど、この値も高くなります。HbA1cは過去1~2ヶ月における血糖の平均的な状態を示すと考えられています。

糖尿病(2型)の治療

糖尿病は、現在のところ完治させることができません。しかし、糖尿病自体は治せなくても、血糖値を正常に保ち、同時に体重や血圧、血中脂質も良好な状態に保てば、糖尿病による合併症(網膜症・腎症・神経障害など)を起こさずに、あるいは進展を阻止して健康を保持することは十分に可能です。
そして血糖値を正常に保つ上で重要になるのが、継続的な「血糖コントロール」です。医師の指導のもと、まずは食事・運動療法を行います。これだけで正常値になる患者様もいらっしゃいます。糖尿病が進行した場合や、食事・運動療法だけでは血糖値がうまく下がらない場合には、内服薬による治療やインスリン療法*を行います。

*インスリン療法とは
注射により体外からインスリンを補う治療法です。誤解が少なくないのですが、インスリン療法は糖尿病の最終的な治療手段というわけではありません。昨今、良好な血糖コントロール状態を保ち、合併症を防ぐために、また患者様の膵臓を保護するために、糖尿病治療の比較的早い段階から開始するケースが増えています。

こんな症状は受診をお勧めします

  • 健診等で「血糖値の異常」を指摘された
  • このごろ目立って太ってきた
  • いくらでも食べられる
  • 急に甘いものがほしくなる
  • よく食べているのに痩せる
  • ひどく喉が渇く
  • 尿の回数が多く、量も多い
  • 尿の臭いが気になる
  • いつも残尿感がある
  • 下腹部が痒い
  • 手足がしびれる
  • 足がむくむ
  • やけどや怪我の痛みを感じない など

かとう内科クリニック小竹向原

〒176-0004
練馬区小竹町2-3-1 Grande Kotake 1F

tel.03-5995-1500

[最寄駅] 東京メトロ有楽町線・副都心線、
西武有楽町線「小竹向原駅」 4番出口 徒歩1分

診療時間
09:00~13:00
外丸

外丸

立石

平澤

外丸

外丸
15:00~19:00
外丸

外丸

斎藤

中村

外丸

外丸

△:14:00-17:00 休診:日曜・祝日

pagetop